最新の技術を学び将来性を高めよう

プログラマーという職種の需要が将来、極端に減るという可能性は低い。しかしながら、プログラマーとして常に最新の技術を持った人材が必要とされていくことが予測されてもいる。

それは、まず、AIの台頭が挙げられ、将来的には、AIとプログラマーが担当する領域を分割する可能性も出てきている。また、人件費の比較的安い海外にプログラミングの発注をし、リスク分散も同時に行うことが、オフショア開発であり、オフショア開発は今後もますます、拡大していくと予想されている。これらのプログラマーを取り巻く現状を踏まえて、今後は、いかにプログラマーとしての価値を高められるかがその将来性にも関わってくると言える。また、一方でプログラミングは、難易度的に見て低下しているため、未経験者も取り組みやすくなっている。つまり、将来的にプログラマーになるチャンスは上がるが、ここでもまた、常にスキルアップのため最新の学びを続けなければいけないと言える。

最新の技術といえば、AI開発はもちろん、ネットワークにありとあらゆるモノを接続し、データを収集し分析することが可能な技術であるIoT開発も注目を集めている。また高度なセキュリティー人材の需要が高くなっていることも見逃せない。需要が今後も高まっていく領域を予測しながら、自分に必要なスキルを習得し続けていくことがプログラマーとして、今後更に必要となってくるだろう。そしてそれができれば、自分の将来性も広げていくことができるのだ。