エンジニアがプログラミングを生かすなら

エンジニアが一般的なIT企業で働くときは、それほどプログラミングできずともあまり大きな問題にはならない。最低限の知識さえあれば、採用するケースが多いからだ。実際にエンジニアが現場で行っているのは要件定義などの上流工程であり、プログラミングを自分で行うことはほとんどない。むしろ、場合によっては営業経験を持っていることの方が、プログラミング経験よりも重視されていることすらあるのが実態だ。

プログラミングに強みを持っているエンジニアは、この点を理解しておかなければ、自分の能力を生かせないまま年月が過ぎてしまうリスクが高い。需要を考えて職場を選ぶことが大切なので、どのような領域でプログラミングを自在にできるエンジニアが求められているのかを知っておこう。現状としては、Web業界が代表例で、他にも成長期のベンチャー企業なら領域を問わず重宝されている。このような現場に共通しているのは、納期重視の開発を進めていることだ。

プログラミングをエンジニアが行えば、開発スピードが上がることは確かだろう。プログラマーに対する仕様書を作成せずとも、エンジニアがプログラミングまで終わらせられるので工数が減るからだ。そのため、プログラミングができるエンジニアは、開発スピードが重視される領域では需要が高い傾向にある。状況によって需要は変化していくことから、Web業界がベストとはいえないが、開発スピードの速さを求めている職場を探すと、自分の強みを生かせることは覚えておくといい。